顔汗をかかない人はどんな対策をしているのか?

顔汗をかかない人はどんな対策をしているのか?

顔汗をかかない人はどんな対策をしているのか?

 

顔汗をかかない人って世の中にはいますよね。

 

たとえば、タレントや女優さん。

 

女優さんやアイドル、タレントなんかが顔汗をかかない訳はどこにあるんでしょうか?

 

彼女たちって、本当に顔に汗をかいてないですね。
特に、女優さんの汗まみれの顔って見ないです。

 

 

なぜ、女優さんやタレントさんは、顔汗をかかないのでしょう?

 

調べてみると、彼女たちがが顔汗をかかないのは、「極度の緊張感とストレス」によってかかないようです。

 

 

現場のピリピリとした緊張感、
失敗をしたら他の方に迷惑をかけるといった緊張、ストレスにより顔汗をかかないのだそうです。

 

 

また、制汗効果のある基礎化粧品もあるようで、これを使うことにより、
毛穴を引き締めて汗や脂を出にくくすることも出来るようです。

 

女優さんやタレントさんたちは、きっとこのような基礎化粧品も使って日々努力されているのでしょう。

 

 

しかし、一般人の私たちに、極度の緊張感とストレスで顔汗止めろと言われても無理です。
逆に、私などは緊張で汗が吹き出てしまいそうです。

 

 

タレントさんたちとは違いますが、
京都に行ったらぜひともお会いたい舞妓さんは、
なぜ暑い日も顔汗をかいて化粧がくすれることがないのでしょう。

 

 

舞妓さんは、ツボを利用しているようです。

 

汗を抑えるツボというのが存在し、その一つに「大包(たいほう)」というツボがあります。
これは、腋の真ん中から下あたりにあり、これを押すことにより発汗を抑えることができます。

 

舞妓さんは、顔汗をかかないために、着物の帯で腋の下あたりをきつく締めるそうで、
昔から活用されている極めて有効な方法だそうです。

 

 

もう一つ、「屋翳(おくえい)」というツボがあります。
これは、乳首の3cm〜5cm(指2〜3本分)ほど上にあり、ここを押さえるのも効果的だということです。

 

 

また、汗腺にも発達している部位と鈍っている部位があり、
運動不足の人は体の汗腺が鈍っているため顔に汗が集中してしまいます。

 

適度な運動を心がけ、体全体の汗腺の状態を整えておくことで、
顔汗も減らすことができるようです。

 

 

やはり皆さん、日々努力されています。

 

 

少し気温が高額だったり、体を動かすとすぐに顔汗をかいてしまう…というお懸念の皆さんは意外と多くいるものです。風貌に汗が浮いていると、人目も気になりますし、奥さんの場合はおメーク乱雑なども起きやすくなってしまいます。汗のかきやすさは体質によって決まっている事もあり、アシストをするのはなかなか難しいとされています。ただし、TVの中のアイドルやアナウンサー、そして女優ちゃんは、あんまり顔汗をかいていません。TV保管作業場などは、普段強い光線にさらされてあり、かなり空調も良いときのはずです。TVの中の役者は、どんな方法で顔汗かかないようにしているのでしょうか。じつは、俳優や女優ちゃんにも汗をかきやすい慣習の人はある、といわれています。TV保管の合間に、うちわで扇ぐなどして対策をして掛かる、という話です。よくドラマや映画の中で、女優役の人が付き人などにうちわで扇がせていらっしゃる立場などがありますが、これは汗を干すためで、現実にも行われているそうです。その他の戦法として、アナウンサーなどはポイント押しを通じて、顔汗を防いでいるといわれています。鎖骨の下におけるポイントを圧迫することで、幾分身近発汗という体の返照を利用した方法です。幾分身近発汗とは、体の一環が圧迫されると、その部分に汗をかき辛い様子となり、別の部位の発汗かさが広がる、というものです。鎖骨の下を圧迫することで、首から上の汗を減じ、その分の汗を人体で排出してある、ということなのです。幾分身近発汗の作動は古くから知られており、たとえばいつも白粉でおメークしている舞妓ちゃんもこの作動を通じていたとされています。被服の帯で胸部を押さえることで、ボディの汗を抑制していたそうです。