顔汗と汗腺の関係

顔汗と汗腺の関係

顔汗と汗腺の関係

 

顔汗をとめるためにも、汗と汗腺の関係と汗がでるしくみを理解しましょう!

 

汗と汗腺には非常に密接な関係があります。
体の至る所にある汗腺で作られ分泌されるのが汗です。

 

汗を出す汗腺には二つの種類があり、一つはエクリン腺で、もう一つはアポクリン腺です。

 

エクリン腺が体の表面全体にあるのに対して、
アポクリン腺は脇の下や陰部付近などに分布しているものです。

 

 

では、汗がでるしくみとはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

 

基本的に、汗は体中にある血液をもとにして作られると言われています。
一般に人は恒温動物と呼ばれ、一定の体温を保つことができるようになっています。

 

周りの気温が変化しても体温を保つためには、
外気温に合わせて体温を挙げたり下げたりする必要が生じます。

 

仮に、外気温が上昇すると、蒸発の仕組みを利用して体温を下げようとします。

 

つまり、水分が蒸発する時に周りの熱を奪うという仕組みを利用しているわけですが、
このようにして体温を下げているのが汗腺からでる汗なのです。

 

 

このようなしくみで汗がでてくるのですが、
実は外気温が暑くなった時にだけでてくるのではありません。

 

他にも、辛いものや酸味のあるものといった刺激物、
また肉類などを食べた時にでてくることがあります。

 

このような場合は、暑さに関係なくでてきます。

 

 

さらに別の原因として、精神的な要因によってでてくることがあります。
例えば、極度に緊張したり、大きなストレスを感じたり、さらにはドキドキしたり興奮した時に、
顔や手の平、足の裏や脇の下などからでてきます。

 

 

このように、エクリン腺からでてくるものは基本的には無臭で透明な液体ですが、
アポクリン腺からでてくる汗は、粘り気のある濁った液体で、雑菌が繁殖しやすく、
なおかつ臭いを発しやすいという特徴があります。

 

 

他の部分はそうでもないのに、なぜだか面持にだけ汗をかく、顔汗に悩んでいる顧客は少なくありません。面持に滝のように汗をかくには起因がいくつか考えられます。ではふくよかです。ふくよかによる皮下脂肪によって体内の高熱を上手く放出することができません。そのため汗をかいて気化高熱で下げようとするため、面持にも汗をかき易くなるのです。次に考えられるのが多汗症です。汗を分泌するのは汗腺ですが、これは環境に非常にナーバスです。挑発やホルモンに影響されやすいため、これらが原因で多汗症になることがあり、その結果面持に滝のように汗をかくわけです。それほど考えられるのが、下半身の汗腺があんまり機能していないということです。やつは汗をかくことで体温調節しているわけですが、その汗腺の構造が正常に働かないとカラダに高熱がたまった通り大変な実情となってしまいます。顔汗が多い顧客は下半身の汗腺がうまく機能していないケースが多いです。本来は下半身から分泌される分の汗まで面持から出るため、顔汗が非常に増えてしまうのです。下半身の汗腺の構造悪化が原因の顔汗の場合、推薦が足湯です。洗面器などにお湯をはってそこにアクセスをつけてしばらくおきます。アクセスしかつけていないので、徐々にカラダがぽかぽか温まってくるのが知るでしょう。これによって血行が促進され、下半身も温まります。そうすると下半身の汗腺の機能しやすく変わるというわけです。ただ、もちろん1回足湯をしただけで下半身の汗腺が正常化し、顔汗が残るなどと頼もしい具合にはいきません。新陳代謝悪化による血行不良が主な起因なので、汗腺の用途を正常化するには新陳代謝を上げるように筋肉を垂らしたりストレッチングをしたりなどの、なんらかの開始は必要です。